独学で行政書士 過去問演習についての教示

みなさん、こんにちは。

試験1ヶ月前の10月は、とにかく過去問の復習と、模試を受けて本番のシミュレーションをする
ことが重要ですね。

今日は過去問演習についてです。今までの記事の中で述べたことと重なる部分もありますが、
過去問演習のコツなどを紹介します。

 

過去問演習の意義

 

まず、問題演習(過去問)ってなんのためにするかってことです。
大きく分けると、

1、知識のアウトプットの練習ができる

2、出題形式を知ることができる

3、出題傾向を把握できる

4、自分がどれだけ解けるか分析できる

この4つができるため、問題演習は必要なのだと思います。

 

知識のアウトプットの練習ができる

まず、1についてですが、やはり、覚えてインプットしたところで、本当に頭に入っているのかはわかりませんよね。覚えた気になっているだけなのかもしれませんので、実際に問題を解いて、知識をアウトプットする練習をすることで、ようやく記憶が定着するのだと思います。

 

出題形式を知ることができる

そして2です。覚える段階では、テキストやノートを見て覚えるわけですが、実際、どういう形で出題されるのかは解いてみないとわかりません。

行政書士試験は、問題の形式が様々です。

一番多いのは正しいものを1つ選択するものですね。マーク式試験のスタンダードな形式ですが、たまに、誤っているものを選ぶ場合もあるので注意です。
他に、正しい組み合わせを選ぶ問題もありますね。ア~オまでの選択肢のうち正しい選択肢の組み合わせを5択で選ぶものです。これは割と難易度は低いですね。
そして、個数問題です。これは一番難易度が高い問題で、正しい文章もしくは誤りの文章の個数を答えるものです。全ての選択肢の正誤判断ができないと正解できないので、捨てるのも場合によってはありです。
後は、空欄補充問題ですね。空欄に入る語句などを選ぶ問題で、難易度はかなり低いです。サービス問題の類なので、出題されたら正解したいです。

 

出題傾向を把握できる

次に3です。出題には傾向があり、どこが出やすくどこが出にくいかが決まっています。

例えば、民法の総則では、制限行為能力者や代理、意思表示などが頻出で、逆に、条件・期限なんかあまり出題されないのです。
それなら、勉強にかける時間は出やすい部分に使って、条件・期限みたいなところは軽くしておけばいいわけです。この時間配分を間違えると損をしますね。

そのため、どこが狙われやすいかをよく把握することが必要です。

 

自分がどれだけ解けるか分析できる

最後に、4ですね。
自分がどれだけ解けるかということですが、これは色んな面から自分の実力を測ることができるということです。当然、覚えているかどうかを試すことができますが、自分がどれだけ時間をかけて問題を解けるかも知っておく必要があるのです。

本番の試験は3時間の長丁場です。1問に時間をかけすぎるのは危険なので、問題を解く時間も考えなければなりません。

 

過去問演習の進め方

では、どのように過去問演習を進めていくのがよいのでしょうか。
これまでの記事でも述べたことがあると思いますが、メリハリをつけて過去問を回すことです。

 

多くの過去問集はチェックリストが問題の横にあり、どの問題を間違えたかチェックできます。
そこで、おすすめの過去問の回し方は、チェックリストを活用することですね。
例えば、完璧にわかった場合は○、微妙にわかった(なんとなく正解できた)場合は△、わからなかった場合は×、というふうにチェックします。
そうして全ての問題が○になるまで回すと、メリハリのある学習になるのです。
×や△がいっぱいついた問題は自分の弱点なので、重点的に学習できますよね。

近年の行政書士試験は、難しくなっていきているので、過去に出た問題は絶対に正解したいです。

 

でも実際は過去問プラスアルファが必要

過去問演習は大事です。過去に出題された問題は正解したいところですが、実際の試験では、過去問から出題されるのは、だいたい4割くらいではないかと思います。

法令と一般知識合わせて4割くらいだと思いますが、意外と少ないんですね。
では、その他はどこから出題されるのかというと、テキストには載っているけど未だ出題されていない部分か、テキストにすら載っていない事項です。後者は対策するだけ無駄ですが、やはり、テキストに載っているものはしっかり得点したいですよね。

 

だから、合格のためには、過去問から出題されている4割くらいの部分をしっかり得点して、その後、テキストに載っている事項だけを得点すれば、合格点に届くのです。そのため、過去問演習に加えて、過去問にない事項もテキストで覚えていく必要があります。その対策についてですが、例えば、模試を複数受験するのが良いですね。

 

あと、よく迷う方がいますが、過去問は行政書士の過去問だけでいいと思います。
法律科目の実力を伸ばしたいがために、他の試験、例えば公務員試験の過去問までしようとする人がいるかもしれませんが、他の試験の過去問までする必要はないですね。
確かに、行政書士の過去問にない部分の対策はできますし、力をつけることには繋がりますが、やはり、傾向や特徴が試験ごとに異なるため、行政書士試験のための対策としてずれることがあります。

今回は、過去問演習の重要性をお伝えしました。
過去問は何周も回してください。

それでは、本日はこのへんで!



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望、記事にして欲しいことなどがありましたら、是非コメントしてください。

意見や要望、何でもコメントしてください。名前とコメント内容のみ公開されます。