独学で行政書士 ノート作りについての教示

こんにちは。これまでの記事の中で度々伝えてきましたが、
改めて今日、ノート作りについてひとつの記事にまとめたいと思います。

 

ノート作り

何かを勉強する場合、ノートをとるのは基本だと思います。
誰でも小学校の頃から、授業を聞いて、授業内容をノートにまとめていたと思いますが、あれって、ほとんどの人は書くのに集中していて、先生の話が頭に入っていませんよねw
だから結局、理解しないまま自分で書いた文字の羅列を後から見て、よくわからんってなったこと多いと思います。僕も経験があります。

ノートの取り方って重要なんだと思います。
なんとなく経験則から、ノートのきれいさは成績に比例している気がしますね。
そこで、この記事では、行政書士試験の勉強のためのノート作りについてまとめていきます。

 

そもそもノートを作る必要性

まず、行政書士試験の場合、ノートを作る必要があるのかというところから
考えていきたいと思います。結論から言うと、僕は、ノートを作る必要はあると思います。

行政書士試験については、とにかくテキストを読み込んで、過去問を解きまくる、これに尽きるのは確かです。そのため、よく、ノートを作る必要はないと言う方もおられますが、全く作らないのは流石によくないと思います。

 

これまで述べてきましたように、活字より自分の字の方が確実に頭に入ります。
これは絶対言えることだと思います。やはり、テキストをずっと読んでいるだけでは眠たくもなり、頭に入らないんですね。だから、テキストの内容や覚えるべき事項は、しっかり自分の手でまとめる必要があります。

 

ただ、問題はどこまでノートに書くかということですよね。

 

ノートにまとめる範囲を考える

では、ノートにまとめることが必要なわけですが、ノートテイキングはどのようにしていくべきなのでしょうか。

極端に言うと、テキストの文章をほぼ丸写しで作るノートは、テキストと変わらないので、作るだけ時間の無駄です。一方で、テキストに出てくる単語を並べるだけのようなノートも、単語を暗記するだけで、理解せずに終わるので、無意味だと思います。

 

そこで、どこまでの範囲をまとめるかというところが難しいわけですが、ノートテイキングは、自分の覚えにくい箇所を覚えるためのものです。そのため、特に覚えにくいを感じた部分に限ってノートを書くのが正解だと思います。
僕の場合、テキストの丸写しの部分もあることはあるのですが、やはり、暗記しにくい事項を中心にまとめていました。

具体的なノートの作り方

僕が実践した方法は、
まず、基本テキストを軽く読むだけの作業(実際はテキストにある確認問題も解く)を2周し、3周目から、テキストを読みながらノートにまとめていきました。3周目では、ノートにまとめる作業をしつつ、基本問題集も解いていました。

特に注意していたのは、全体の俯瞰→細部を徹底という流れです。
2周目までは全体のアウトラインを把握するようにし、特に覚えにくそうな部分に意識を向けておくんです。そうすることで、3周目、ノートを作る段階でスムーズにノートを作成することができました。

 

特に行政法や民法では、覚えにくい部分が沢山ありますので、暗記の仕方が重要ですが、まとめ方のコツとしては、表や図に表すことですね。

文字ばかりよりは、図や表を画像としてインプットしていくほうがいい気がします。
テキストでは図や表が多いので、それを自分なりにアレンジしてまとめるのもありですね。

 

また、余白を多めに作っておくことも重要かなと思います。

ノートは、必ずしもテキストの内容だけをまとめるものではなく、自分に対する注意書きなどもメモしておくべきですね。例えば、問題集を解いて自分がどう間違えたか、どう間違えやすいか、更には、テキストに載っていない追加事項等までもメモしておくと、学習の質が上がります。

このような情報は後々追加してまとめていくことになるので、最初の段階では余白は多めの方が良いです。1ページに4割くらいの余白はほしいですね。

 

書いただけで満足するのが最悪パターン

せっかくノートを作ったのに、後から活用せずにほったらかしはもったいないです。時間をかけて作った分、活用しなければなりません。

例えば、僕が実践したように、問題を解いて間違えた部分は、ノートにチェックしたり、下線を引いたり、付箋を貼るようなことをおすすめします。
そうすることで、自分が間違えやすい部分、苦手な部分がわかり、対策がしやすいと思います。

 

テキストの内容をほぼ丸写しにしてしまうようなノートを作るような場合だけは避けたいですね。
それだけで満足してしまいそうです。

以上がノート作りについてでした。

ただ、ノートを作った方が学習はしやすいのはたしかですが、ノート作り自体時間がかかるものなので、どこまでの範囲をどれくらいまとめるかは慎重に考えたいところですね。

 

それでは、よいノートを作って、勉強をがんばってください。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望、記事にして欲しいことなどがありましたら、是非コメントしてください。

意見や要望、何でもコメントしてください。名前とコメント内容のみ公開されます。