独学で行政書士 民法のツボ2(瑕疵ある意思表示)

みなさんこんにちは。
今日は、瑕疵ある意思表示について書いていきます。瑕疵って漢字難しいですよね。
多分法律でしか出てこないのではないでしょうか。欠陥とか欠点があるって意味ですね。

とりあえず、特に混同しやすい部分を紹介していきたいと思います。
もう勉強して大丈夫という方は、最後の表だけ見てください。

 

瑕疵ある意思表示

(詐欺又は強迫)
第九十六条  詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。
2  相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。
3  前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない。

 

条文ではこうなっていますね。以前の記事でも紹介したように、
特に民法では「事例で考える」ことが大事です。

また、この条文は、2項と3項を分けて考えたほうがいいですね。

96条2項

「相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。」

ということですが、
まず、相手方に対する意思表示について、第三者が介入する場合とはどんな事例かです。

こういう場合ですね。CがAに働きかけて、Bに売らせるという場合。そして、それが詐欺か強迫かで
変わってくるということです。

詐欺なら、96条2項通りに考え、CがAを騙したという事実をBが知ってるときにだけ、
AはBにした意思表示を取り消して、土地を回収できるということです。
逆に、Bが知らなければ、取り消せず、土地を回収できません。

 

そして、強迫の場合ですが、96条2項には強迫の場合は書かれていません。
ここで、反対解釈というものをします。
反対解釈とは、法律に規定がない場合に、他のことを規定している法規と反対の結論を出すことで、
ここでいうと、

詐欺なら、「相手方がその事実を知っているときだけ取り消せる」わけですが、
強迫なら、「相手方がその事実を知らなくても、取り消せる」と考えるんです。
反対に解釈してますよね。

よって、強迫なら、96条2項反対解釈により、CがAを騙したという事実をBが知らなくても、
つまり、Bの主観には関係なく、AはBにした意思表示を取り消して、
土地を回収できるということです。

 

強迫の場合は、Aに優しくなるということですね。
詐欺をされる場合(騙される場合)は、騙される方もちょっと悪いと考えて、
強迫の場合は、かわいそうなので責められないと考えればいいんです。

このような事例は問題でよく出てくるので、一度自分で図を書いてみてもいいですね。

96条3項

「詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない。」
ということですが、例えば、こんな場合です。

AがBに騙されて(もしくは強迫されて)、Bに土地を売り、BがそれをCに売り、その後、
AがBへの意思表示を取消し、Cに対して返還請求をしたってことです。

詐欺なら、96条3項通りに考え、AがBに騙された一連の流れをCが知らない(善意)の
ときは、AはBへの意思表示を取り消して、Cに土地の返還請求することはできません。
逆にCが一連の流れを知っている(悪意)ときは、取り消して、返還請求できます。

 

次に、ここでも反対解釈です。

詐欺なら、「善意の第三者に対抗できない」のなら、
強迫なら、「善意の第三者にも対抗できる」ということです。

よって、強迫なら、96条3項反対解釈により、Cが一連の流れを知らなくても、つまり、
Cの主観には関係なく、AはBへの意思表示を取り消し、Cに土地の返還請求
をし、
土地の回収ができるんです。

96条2項の場合と同じで、強迫された人は特に保護してあげるという発想です。
強迫の場合は、第三者や相手方の主観は関係なく、表意者が保護されるんです。

 

あと、96条3項の「第三者」っていうのは、意思表示の取消し前の第三者です。
例えば、AがBへの意思表示を取り消した後に、BがCに転売してしまうと、
Cは取り消し後の第三者ですよね。この場合、96条3項は適用されないんです。詳しくは、
物権のところで出てきますが、先に登記をしたほうが勝ちになります。
ここでは、とりあえず、96条3項は「取消し前の第三者」とだけ覚えておくべきですね。
取消し前か後かを区別して解く事例問題もあるので、注意です。
まあ、物権のところでしっかりやりましょうか。

まとめ

最後にまとめます。最悪、理解しなくてもこの表を暗記すればいいと思いますが、
事例問題では、暗記した事項をその場で使えるかが大事です。

特に、強迫の場合は、条文そのままではなく、反対解釈として覚えるので
狙われやすいのかもしれません。過去問でもよく出てます。

 

どうですか、「事例で考える」よい練習になりましたね。それでは今日はここで終えたいと思います。
これからも、適当にテーマをピックアップしていきます。
ありがとうございました。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望等あれば、コメントの方、受け付けています。記事にして欲しいことなどがあれば是非コメントどうぞ。

Follow me!

意見や要望、何でもコメントしてください