Back to the past ~行政書士試験の今と昔~

こんにちは。
今日は、8月19日ということで、俳句の日らしいですね。
僕も、才能があれば、一句詠みたいところなんですが、いいのが思いつきません・・・。

 

今日の記事ですが、アイキャッチ画像はワープ空間をイメージして作ってみましたw
これはワープというより、マリカのレインボーロードですか。
ワープというと、子供の頃、過去と未来にいけたらいいなって、よくワープに憧れていましたねw
ということで、今回は行政書士試験の過去の話です。

今日は、ちょっと勉強のことは置いといて、行政書士試験の今と昔について見ていこうと思います。

 

昔は簡単な試験だった?!

よく最近、行政書士試験は難しくなってきていると聞きますね。以前の記事で、
近年の合格率の推移を見ましたが、だいたい10%弱ですね。やっぱりこれは、国家試験の中では、
難易度が高いことを表していると思います。

行政書士試験は昭和時代に始まったようですが、こちらのブログでは、
昭和52年に試験を受けられた方がおり、その当時の合格率はなんと30%くらいだったらしいです。
3人に一人合格できるくらいだったんですね。今と比べると3倍くらい差がありますね。
そう考えると、昔のほうが良かったなあって思います。

でも、よく考えてください。昔っておそらくそんなに質のよい教材はなかったはずです。
受験生は、法学部生が使うような法律の参考書を見ながら、問題を解いていたかもしれません。
なにより、過去問が少ないため、出題傾向を把握し対策を練るのが難しかったと思われます。
そうすると、やはり、今の方が勉強しやすく、負担が小さいのかなと思いますね。

 

試験制度の改正

行政書士試験は、平成に入ってからも改正され、平成18年度に新制度に移行したようです。
そして、制度変更に伴い、試験科目なども変更されました。今の試験制度にはない科目として、行政書士法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、税法があったようです。

法学部ですが、労働法と税法以外は全く知りませんw
多分難易度的に労働法や税法は、行政法や民法に比べれば解きやすいとは思いますが、それでもこんなに多くの試験科目があったなんてしんどかったでしょうねえ。

 

それから、一般知識科目。旧制度では、一般教養と呼ばれていました。
一般教養と一般知識ってほとんど同じだと思いますが、出題傾向は違っていたようで、旧試験では、数学と理科があったようです。残念ながら、実際の過去問を見つけることはできませんでした。でも数学と理科って、明らかに行政書士の業務に関係ないように思うのですが、なぜあったんでしょうね・・・。

まあ、近年の一般知識の問題よりは対策がしやすそうなので、そう考えると足切り回避はしやすかったんではないでしょうか。最近の行政書士試験はなんか、問題作成側が足切りを狙ってきているように思えて怖いですw

 

行政書士のバッジ

時代の変化といえば、行政書士のバッジも、昔は少し違っていたようですね。
以前の記事でも紹介しました、こちらが、現在のバッジです。

出典:http://www.pinjp.com/44_33.html

そして、こちらが、昔のデザインのようです。

出典:http://aucview.aucfan.com/yahoo/r175780157/

 

ひまわりみたいですねw 実際は、コスモスの花弁のようです。
コスモスの花弁を並べて、真ん中に、篆書体の「行」の文字を置いたデザインです。

 

ともあれ、現行の試験に向けて

色々変わりましたが、試験合格に向けて勉強するのは変わりません。
よい教材に恵まれて、過去問の集積があり、ネットを通じて情報を収集できる。今の時代は、こんなに学習環境に恵まれているんです。
もちろん、法令や判例も日々増えていっているため、出題内容も増加することにはなりますが・・・。

 

まあとにかく、効率よく勉強するということです。教材の選び方、勉強の仕方、時間の使い方、色んなところで差がでてくると思います。少しでも、自分にあったスタイルで、かつ、効率よく進めるために、自分にとって有益な情報はどんどん吸収していってください。情報を集めて、戦略を練ることが大事です。

 

俳句の日なので、まとめると、

合格は、

知識と戦略

次第です。

 

ということで、本ブログでは、これからも多くの方のためになる情報を提供していきますので、
今後ともよろしくお願いします。

それでは、今日はこのあたりで!



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望等あれば、コメントの方、受け付けています。記事にして欲しいことなどがあれば是非コメントどうぞ。

Follow me!

意見や要望、何でもコメントしてください