独学で行政書士 一般知識の勉強法①~傾向と対策~

こんにちは。

昨日は、このブログを編集中に、変な編集をしてしまい、全ての画面が真っ白になり、操作できなくなっていました(;´Д`)
いままでのデータが消えたのではないかと絶望していたのですが、なんとかこうしてまた更新できるようになりましたw

 

一般知識科目の勉強の仕方

今日は、一般知識科目の学習法について書いていきます。学習法といっても、がっつりする科目ではないので、コツみたいなものを紹介していきます。

 

どれくらい時間をかけるべきか

だいたいの傾向ですが、見ての通り、全体の2割もないくらいの配点です。しかし、24/56の足切り基準が設定されているということで、捨てるのは怖いですね。

では、どれくらい対策すればよいのかということですが、やはり、今までに勉強してきたストックによる部分が多いので、個人差があります。はっきりと、どこまで勉強するべきかは一概に言えないんですよね。無対策で簡単に高得点を取れる人もいれば、対策してギリ足切り回避できるという人もいます。
ただ、確実に言えることは、法令科目に比べると、その10分の1程度の時間でよい、というか、それくらいに抑えないと法令科目が危なくなります。

近年の傾向と対策

近年の時事問題の傾向については、過去問を僕なりに分析した結果をまとめているので、こちらの記事を参照してください。

 

最近は、得点源とされている個人情報保護が出題されない場合があるし、情報通信も難易度が上がってきている感じです。今までの通説である、個人情報保護・情報通信、文章理解で点数を稼いで、他は若干捨てる、という方法でも合格はできるかもしれませんが、政治・経済・社会も少し対策する必要があると考えます。

 

具体的な勉強の進め方

具体的な学習の進め方ですが、簡単にまとめると、
テキスト通読+過去問潰し、からの重要テーマを中心に情報を拾い集める、という流れです。

 

まず、最初の段階についてです。
このブログでは合格革命シリーズを推していますが、どんなテキストにも一般知識は載っていると思うので、まずはテキストで概要を把握し、過去問を数年分解いていきます。
合格革命の場合、基本問題集で効率よく全体を学習できるのでお薦めですね。この作業をすることで、どの分野が出題されやすく、どう対策していくべきかを知ることができます。

次のステップとして、以下の方法をとります。

 

方法としては、

1、センター試験用の教材を軽く眺める

2、公務員試験の政治・経済、時事対策の本を軽く読む

3、Yahooニュースやニュースまとめブログを軽く閲覧する

です。

 

よく、新聞やニュースを見て時事を勉強しようという人がいますが、これはちょっと効率が悪いですね。行政書士試験の時事問題はここ数年の時事が出題されるので、やはり時事対策の本を読んで、最近どういう時事があるのかを知っておくべきです。その上で、例えば、Yahooニュースやニュースのまとめブログを軽く眺めるのがいいです。

最近は、時事に関係する事柄、そして政治系の問題が多い印象ですね。そのため、テキストや過去問を軽くやった後は、センター試験用の政治・経済の参考書を適当に読んだり、公務員試験の時事対策の本を読むことで、対応できそうです。まとめサイトも息抜きがてら閲覧するのもいいと思いますね。

 

以上の流れで対策していけばいいと思います。

上記の方法について具体的なテキスト選びなどについては次の記事で紹介していきます。

それでは、今日はこのへんで。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望、記事にして欲しいことなどがありましたら、是非コメントしてください。

意見や要望、何でもコメントしてください。名前とコメント内容のみ公開されます。