独学で行政書士 公務員試験の過去問集は使えるのか

こんにちは。

さて、もうすぐ新しい年度ということで、色々と忙しい時期でしょうか。

国会の方も、去年から引き続き熱い議論で忙しそうですね。

ここで、私事ですが、僕自身4月からしばらく研修で実家を離れます。
研修先ではパソコンを触る時間はあるものの、色んな勉強を他にしないといけないので、
少し更新ペースは落ちるかもしれませんが、本ブログは今後も長く運営していく予定ですので、
よろしくお願いしますm(_ _)m

 

さて、今日は、よく行政書士の試験対策の教材に挙がる、公務員試験の教材についてです。

僕は、行政書士試験を受験した後、公務員試験も独学で合格したわけですが、
行政書士試験と公務員試験の親和性ってけっこう高いんですよね。

そこで、どちらも受験した立場から、行政書士試験対策に公務員試験の教材はどれくらい使える
のかをまとめていきたいと思います。

ただ、あくまで他試験の教材なので、行政書士用の教材を終えた後に検討する程度に留めてください。最初から公務員試験の教材をやってしまうと具合が悪い部分があるかもしれません。

 

公務員試験の試験科目

まず、公務員試験といっても、色んな試験種があります。

警察官などの公安職から、市役所、県庁の職員などの行政職まで幅が広く、試験内容も様々です。

そこで、行政書士試験と試験内容が似ている試験種を取り上げると、国家一般職という試験種があります。これは、各省庁の機関で働く国家公務員の試験なんですが、筆記試験は教養科目と専門科目の2つの科目で択一式試験があります。

参考までに、試験科目と配点は以下のとおりです。

こうして見ると、科目数がかなり多いですね。もちろん、全ての科目を勉強するのではなく、優先順位の高いものから勉強して、重要度が低いものは捨てていくスタイルで勉強を進めます。

 

法律科目の対策と教材

まずは、法律科目についてですね。

公務員試験(国家一般職)の科目と被っているものとして、憲法行政法民法があります。

難易度でいうと、
憲法は、 行政書士≧公務員試験
行政法は、行政書士≒公務員試験
民法は、 行政書士>公務員試験というイメージですかね。

それぞれの傾向の違いとして、憲法は、行政書士の方が学説問題が難解で、公務員試験に比べ全問正解が厳しいです。行政法は行政書士は条文多め、公務員試験は判例多めという感じですね。民法は、行政書士の方がひねってある問題が多く、公務員試験のように知識だけですぐ解ける問題が少ない印象です。

 

そして、肝心の過去問集ですが、
憲法については、公務員試験の過去問集は十分使えると思います。公務員試験の過去問は条文問題のバリエーションが豊富で、よい対策になりますし、ほとんどの学説問題にも対応できます。

行政法は、公務員試験の過去問集では条文問題の対策がほとんどできず、あまり使えません。多くの判例を知るために活用するということもできますが、行政法に関しては、最初から最後まで行政書士用の教材だけで十分であると思います。

民法は、バリエーションが多い公務員試験の過去問はある程度活用できそうです。民法は、行政書士でまだ出題されていない分野が多くあるのに対し、公務員試験では出尽くしているからです。ただ、民法の過去問集は総則&物権と債権&家族法の2冊になっているので、かなりの分量があることから、若干オーバーワークになりそうです。

 

以上から、使うのなら憲法だと思います。民法の方も、総則&物権と債権&家族法のどちらか苦手な方だけ軽く見ておく程度ならありかなと思いますね。

使う教材としては、こちらのシリーズがお薦めです。

 

一般知識科目の対策と教材

一般知識科目では、政治・経済・社会文章理解あたりが被っていますね。

あいにく、情報通信・個人情報保護はそこまで公務員試験で出題されないので、使える過去問はほぼないですかね。

 

まず、政治・経済・社会ですが、これらは公務員試験でいうと、専門科目の政治学や行政学、教養科目の政治・経済あたりと重複している部分があります。

ただ、専門科目の教材をわざわざ使うのはかなり時間がかかりますし、教養科目の出題も傾向が若干違います。行政書士試験の方が、時事を絡めた出題が圧倒的に多いです。そこで、政治・経済・社会の対策としては、時事問題対策の教材『速攻の時事』が使えそうです。

速攻の時事は2種類ありますが、このトレーニング編の方が基本事項も確認でき、お薦めです。

 

そして、文章理解はもはや公務員試験の教材一択となっていますね。
くしくも、傾向や形式、難易度が公務員試験とほぼ同じであり、行政書士の文章理解の過去問は少ないからです。文章理解については、以下がお薦めです。

以上が公務員試験の過去問集でした。

いきなり使って良いのは文章理解の教材のみであると思います。

それ以外は、行政書士用の教材を使った後に余力があれば試してみる程度でよいかと。

それでは、今日はこのへんで終わります。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望、記事にして欲しいことなどがありましたら、是非コメントしてください。

意見や要望、何でもコメントしてください。名前とコメント内容のみ公開されます。