独学で行政書士 近年の時事問題の傾向

こんにちは。

最近メルカリを始めてみたのですが、中々楽しいですね。
ネットオークションよりも手軽に利用できるところが高ポイントです。
資格の本は年度版なので、中古品を購入するのはおすすめしませんが、
出版年があまり重要でない本などは、メルカリで安く買えるかもしれませんね。

更新が遅れてしまいましたが、今日は一般知識の話、時事問題についてまとめたいと思います。

どのように出題されるのか

まずは、時事問題が一体どれくらい出題されるのかというところから見ていきましょう。

基本的に一般知識科目から出題され、法令科目で出題されることはあまりないと思います。また、なんとなく時事が絡んでいるような問題もたまにあり、そういったものも時事問題と考えると、結構出題されてそうですよね。

 

そこで、直近の試験で出題された時事問題を簡単にまとめてみました。実際は、時事ネタを直接問うものではなく、その年話題になったものに関連する問題も含めています。ちょっと判断が難しいので、全ての出題を拾えていないかもしれませんが、そこは大目に見てください。

平成27年度

国際連合と国際連盟(問題47):同年3月、仙台市で国際連合防災世界会議開催に関連?
日本の選挙(問題48):同年4月、第18回統一地方選挙が行われたことに関連
日本経済(問題50):近年の経済事情
高齢者(問題53):近年の高齢化率や高齢者人口

 

国連会議とか選挙など、その年の大きめのニュースに関連して出題されやすいのですね。他にも、空き家や日本の貧困問題など、ここ数年で話題になってきているものもありましたが、流石にこれらは時事問題として対策しにくいですね。

 

平成28年度

日本と核兵器の関係(問題47):オバマ前大統領の広島訪問の肢あり。それに関連
参議院選挙区選出議員の選挙区・定数(問題48):平成27年の公職選挙法改正に関連
日本の中央政府の庁(問題49):平成27年10月に文科省にスポーツ庁が設置されたことに関連
TPP(問題50):同年 2 月、TPP協定が署名されたことに関連
人工知能(問題54):同年、棋士とAIの対局が話題になったことに関連
IoT(問題55):同年の「今年の新語」の選外になったことに関連

 

僕が受験した年ですが、この年は時事問題だらけでしたね。話題としては、オバマの広島訪問やTPP、AIなど、大きなものが関連しているため、全く知らないことはないと思います。ただ、問題として問われると厳しい部分がありますね。また、前年の法改正等や、流行語や新語から関連して出題されるものもあるのですね。

とにかく、普段からまとめサイトを見ておいて、それに関連することをちょっと調べておくといいのかもしれません。

 

平成29年度

日本の公的年金制度(問題48):同年8月、年金受給資格期間が改正されたことに関連?
最近の日本の農業政策(問題49):平成27年8月、改正農協法等が成立したことに関連?
ビットコイン(問題50):同年、ビットコインが話題になったことに関連

 

記憶に新しい平成29年度はこれくらいですかね。あまり時事に関連したものが出題されなかった印象です。他にも著作権などの問題がありましたが、著作権法の改正があったため出題されたのでしょうか。公的年金制度や農業政策なども、法改正を受けての出題だと思うのですが、若干こじつけ感はありますね。

前年度がひどかったので、時事問題は控えめにされたのでしょうか。

 

話題との関連性とその対策

ここで、その年の出来事やニュースとどう関連しているのかを見ておきます。

法改正

まず、法改正に関連していますね。
その試験がある年度だけでなく、前年あたりの法改正も含まれていそうです。

しかし、試験年度周辺の年の法改正といっても数が結構ありますし、法改正の内容がそのまま出題されるとは限らないので、対策は割と難しいです。ただ、速攻の時事なら、ここ数年の法改正情報が載っており、それに関連した基礎知識も掲載されているので、法改正関連の対策としては一番使える教材でしょうか。

また、市販の直前予想模試などには法改正情報が載っているので、そちらも参考になります。

 

大きめのニュース

次に、大きめのニュースに関連する問題が多いですね。
これは国内の選挙、国際会議、AIあたりの問題ですね。普段ニュース番組を観ない人でも、ネットのニュースなど、どこかしらで耳にするレベルの出来事です。新聞で言うと、1面に取り上げられるようなレベルのトピックですかね。

こちらはまだ対策しやすい部類かなと思います。こういったトピックがあれば、それに関連する基礎知識を調べておいても良いでしょう。使える教材としては、センター本か速攻の時事あたりです。

 

ここ数年で人気になっているもの、新語等

最後に、ここ数年で気になっているもの、新語等に関する問題です。
ビットコイン、IoTなどはこの類ですね。これも、ニュース番組のみならず、ネットニュースでよく見かけるワードなので、全く知らないことはなさそうです。

これらは一番正解しやすい時事問題ではないかと思います。特に、情報通信などに関する問題が多い気がするので、今後ARやVRあたりも出題される流れでしょうかね。教材としては、60分でわかるシリーズのフィンテックやITビジネスの本がベストです。あとは、最近の流行を知っておく、というのも良い対策でしょう。

いかがだったでしょうか。僕なりに時事問題について分析してみました。

これから11月の試験までに、未だかつてない新しいものがどんどん誕生していくと思います。普段の勉強の合間にネットニュースを見たりなど、ちょっとした意識をもつことで正解できる可能性が高まりますね。

本ブログでも、気になったニュース的なものや、最近の話題などをまとめていくつもりですので、そちらの方も参考にしてください。それでは!

それでは、今日はこのへんで!



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望、記事にして欲しいことなどがありましたら、是非コメントしてください。

意見や要望、何でもコメントしてください。名前とコメント内容のみ公開されます。