本屋巡りとその雑感 ~見つけてしまった良本~

こんにちは。

 

先日、本屋をぶらぶらして、適当に本を立ち読みしていたのですが、何か行政書士に役立つ
本がないか探していました。まあ、一般知識の対策の本なのですが、やっぱりテキストだけでは
あまり得点できないんですよね。正直、近年の出題傾向から、テキストの内容を覚えても
役に立つのかなと思うときがあります。

思うに、最近の出題って、本当の意味の一般知識なんですね。
学校で習う知識、つまり座学で学ぶ知識というよりかは、現代社会の中で活動する上で自然と経験的
に身に付けるような知識が問われているのだと思います。ビットコインとか、IoTとか。
経験的に自然と身についていく知識であるがゆえに、書籍で勉強することは困難、だから、一般知識の
対策は困難と言われるのだと思います。

 

本ブログでは、色んな参考書を紹介しているにも関わらず、このように開き直ってしまいましたが、
普通の参考書であるにしろ、それを読んで対策はした方がいいということはここで述べておきます。
これまでの記事を全否定、撤回するつもりではありませんので(;´∀`)

 

話を本題に戻すと、
一般知識科目は経験的に得る知識が問われる→書籍で対策するのは困難ということですが、じゃあ、そんな経験的な知識とか、現代社会で学ぶような一般常識をまとめた本ならば、試験勉強に役に立つのでは?と考えました。

つまり、「現代社会を知る」的な本が般知識科目の対策に使えるのではないかと思ったのです。

 

見つけてしまった良本

上は全て前置きですw

そうです。見つけてしまったのです。一般知識対策(特に情報通信系)にぴったりな本を。
まあ、一般知識全てに対応できるわけではないのですが、情報通信、更には時事問題、経済あたりの出題の内容をピンポイントに知ることができる本です。それがこちら。

これは、今までなぜ知らなかったのかと思うくらいに一般知識対策に使える本ですね。

まず、過去に出題された内容が載っているのかというところから調べたわけですが、この本にはIoT、ビッグデータ、ビットコイン、クラウド、AIなどが載っていました。しかも、この本を読むだけで正解できるものがいくつかありました。

そして、今後も出題されそうな事項は載っているのかも調べましたが、Fintechや、AR・VRなど、今話題の、出題されてもおかしくない時事ネタ、最新技術が紹介されていたのです。

 

今後情報通信や経済あたりで出題されるであろう知識を、短時間(1時間)で一通り学べます。
コスパが悪いとされる一般知識の出題内容の一部を、短時間で一通り学べるのですね。

この本は、今までに見てきた書籍の中で一番使えると断言できますので、是非手に取って購入してみてはどうでしょうか。

 

この本にはシリーズがあり、IT技術の最前線やフィンテックの最前線などがありましたが、とりあえずこの本が一番使えるなと思ったので、購入しました。
内容が浅いものもあるので、自分で少し調べたほうがいい部分もありますが、一読するだけで必ず役に立つはずです。

ということで、今回は、本屋で見つけた優良本を紹介する記事となりました。

 

興味があれば、シリーズ全てに目を通してみてもいいと思います。
短時間で多くのことを学べる点は、一般知識対策としてかなり良いので、参考にしてください。

それでは。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望、記事にして欲しいことなどがありましたら、是非コメントしてください。

Follow me!

意見や要望、何でもコメントしてください