平成29年度行政書士試験の感想

こんにちは。

今日は、平成29年度の問題を見た感想や難易度とか、個人的に分析したことを適当に
まとめたいと思います。

ただ、僕自身は予備校の講師でもなく、大学で法律学を教えている教員でもないので、
その点は悪しからず。大学では法律を学びましたが、法律の専門家とかではないです。

 

平成29年度の難易度

平成29年度の難易度は、前年に比べ若干簡単になったのかなという印象です。

行政書士試験自体難しいので、例年に比べてどうかという議論自体に意味があるのか疑問ですが、
まあ難化したとは思えないですね。

個人的な感想としては、全体的に、サービス問題だろうと思われるものがそこそこありました。
その一方で難しい問題も結構あり、やはり、基礎~標準問題をどれだけ正確に拾えるかが重要
なんだと思います。これはどの年度でも言えますが、特に29年度は顕著ですね。

 

試験問題全体に対して思ったこと

その前に、試験問題全体に対して思ったことがいくつかあります。

 

まず、正確な暗記が求められているなと思いました。これは自分が受験した時も感じましたが、
その時よりも、問題のつくり方が凝っている感じでしたね。なんというか、微妙に気づかない程度の語句の入れ替えとか、ある分野に違う分野の話を混ぜて記憶の混乱を誘発させる的な・・・。
試験作成側はある意味天才だと思いますw
困らせ方をよく知っている人たちが作っているのでしょうかね。

 

それから、問題を解くには、知識+応用力が必要なのだと感じましたね。その典型例が行政法の1問目、問題8です。取消しと撤回は頻出で、意味や具体例は勉強するのですが、実際の条文で応用できるのかも問われているわけですね。一瞬惑わされるし、時間もかかる問題でした。
応用力をつけるには、やはり問題演習が重要かなと思います。過去問で出題形式に慣れることに加え、若干難しめの模試も受けて、こういう問題に慣れていきたいです。

追記(1月31日)

今日、合格発表がありましたね。
平成28年度が難しい年だったので、29年度は易しめになるのかなとは思っていましたが、まさか合格率が15%とはね(;´∀`)

最近では一番合格率が高いです。

まあ、合格者数と合格率は記述の採点で調整されうるのですが、平成29年度は択一が易しめだったことが影響しているようにも思えますね。択一式が簡単な場合、記述の採点が辛口であっても、180点を超える人が多くなりますからね。

 

まあでも、これで一段落ついたわけなので、各自が次にするべきことは決まりました。今年受験する方はもうスタートを切っても良いですね。

ただ、上の合格率の推移を見てもわかるように、合格率が高くなった年の次の年は、合格率が抑えられているように思えるんですよねえ。もしその傾向があるとするならば、平成30年度は難しい年になる可能性もあります・・・。
はっきりした根拠はありませんけど。

まあ、自分が受験する年が難しくても易しくても、最善を尽くすことに変わりはないです。
合格率が高い年は当たり年とも言えますが、そんなのはいわゆる「反射的利益」ですからね。
合格率など気にせず、自分が合格することだけ考えておけばOKです。

長くなりましたが、試験の感想をまとめました。

ここで、記事の質の向上、今後の運営の参考にしたいので、アンケートにご協力ください。

主に独学の方で、不安に思うことを教えてください。

View Results

Loading ... Loading ...

 

それでは、今回はこのへんで。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望、記事にして欲しいことなどがありましたら、是非コメントしてください。

意見や要望、何でもコメントしてください。名前とコメント内容のみ公開されます。