独学で行政書士 時間配分を考える

こんにちは。

以前は、得点配分についてまとめましたが、結局得点の目安を立てたところで時間以内に
解けなければ意味がないですね。行政書士は制限時間があるので、時間の使い方も重要です。
今回は、時間が足りずに困っている方もいると思いますので、時間配分、それから解く順番に
ついても考察していきたいと思います。

 

出題形式を把握する

まずは、出題形式を見ておくと、

大きく分けて出題形式は択一式、多肢選択式、記述式です。

問題数は択一式が54問、多肢選択式が3問、記述式が3問で、計60問ですね。まあ、多肢選択式に
関しては、大問が3問ということで、実際は大問1問ごとに空欄が4つあるため、正確には12問です。

 

時間配分 ~出題形式別に所要時間を把握する~

行政書士試験は3時間、つまり180分です。これは長いように思いがちですが、意外と短いです。
僕の場合は、2時間45分くらいで全部解き終われたのですが、それは解く順番や時間配分を考えた
からでした。

まず、出題形式は択一式、多肢選択式、記述式ですが、かかる時間が長いのは、
記述式>多肢選択式択一式だと思います。もちろん1問あたりの所要時間です。
まあ、難易度にもよりますが、多肢選択式は20個の語句から正解を探すことも考えるとちょっと時間
がかかる印象です。

 

問題数は、択一式が54問、多肢選択式が3問、記述式が3問で、多肢選択式は大問単位で考えます。そうすると、単純計算で60問を180分で解けば、1問3分ですが、記述式は3分では不可能なので、記述式は1問10分程度は見越した方がいいですね。だから3問で30分です。では、残りの57問を150分で解くと仮定すると、1問あたり2分半程度です。結構厳しいですかね。簡単な問題なら1分で解けるものもありますが、難問も当然混ざっています。

ここまでで、記述式に30分充て、残りは1問2分半で解く計算になります。
だいたいこの見積もりでOKだと思います。

 

でも、当然ながら1問2分半のペースが乱れるときが出てくるんですよね。そう、それは難問や引っ掛け問題などの揺さぶりが来たときなんです。でも逆に考えると、そのような類の問題が出てくることを知っていれば、うまく対処、対応できそうですよね。つまり、難問や引っ掛けっぽい問題が出てきたら、潔く飛ばすことが重要になってくると思います。

 

まあ難問や引っ掛け問題を捨てるのはただの心がけであり、テクニックとは違ってくると思います。
そんなことより、単純に問題を早く解くコツを教えてくれという魂の叫びが聞こえてきましたので、問題形式別に、解くコツをまとめてある記事を紹介しますw
こちらには、記事の一覧がありますので、よければ参考にしてください。

 

解く順番と時間の割り当てを考える

次に、解く順番を考えます。解く順番を変えることで、時間配分もまた変わってくるはずですね。
ここでは、科目別の解く順番と、科目別に割り当てる時間についてまとめます。

 

まず、解く順番については、足切りの有無や配点の大きさ、得点源、難易度などを考慮して、優先順位をつけ、その優先順に解くのがいいと思います。優先すべきものは、配点が大きい記述式3問、行政法択一19問、民法択一7問、足切りが怖い一般知識科目14問ですね。これらはできるだけ早めに片付けた方が戦略的にも精神的にも楽になります。

 

そして、科目別に割り当てる時間についてです。ここでは難易度に比例して所要時間を多く見積もるのが普通ですね。まず思考力も試される記述式は1問10分程度です。科目自体が難しい民法は多めに取って、その分行政法や憲法はできるだけ早めに解く。一般知識はそもそも解かせる気がない問題とかもあるので、潔さを保ちながら1問1分半程度、但し文章理解は1問5分くらいかけても間に合います。

 

1つのモデルを作ってみました。

あくまでモデルなので、参考程度に。

まず簡単な憲法を先にして頭のスイッチを入れ、足切りの恐怖から早く逃げるために一般知識をし、疲れていないうちに民法を済ませ、ついでに行政法。ここまでで、2時間くらい経過しているので、休憩もはさみつつ記述式を30分かけじっくりした後に、多肢選択式。最後には、最悪の場合捨ててもよい基礎法学と商法をする、といった具合です。6分残るのでマークの見直しくらいはできそうですね。

 

まあ正直、解く順番は自分が一番やりやすいのがベストですけどね。
上の表の中の順番を色々入れ替えてみると自分なりのベストの順番があるはずです。

また、合格革命の模試にも書いてあるように、ページを行き来することがそもそも時間のロスなので、素直に基礎法学から順番に解くという方法もありです。

いかがだったでしょうか。
正直、記事を書いてて、参考になるかどうかよくわからなくなってきましたが、
何か1つでも新発見があれば幸いです。自分自身の俺流合格メソッドを見つけてください。
それでは!



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望、記事にして欲しいことなどがありましたら、是非コメントしてください。

意見や要望、何でもコメントしてください。名前とコメント内容のみ公開されます。