独学で行政書士 使用教材と学習計画について

こんにちは。

僕は、よくYahoo知恵袋を見て、たまに回答しているんですが、現在行政書士試験の勉強をされて
いる方からの質問も多いんです。まあ、僕の回答が毎回ベストアンサーに選ばれているわけでは
ないんですけど、知恵袋で質問された内容は多くの方にも役に立つ情報であると思いますので、
知恵袋の質問を受けてのフィードバックを本ブログで紹介していきたいと思います。

ということで、先日気になったのが、使用する教材と学習計画についてです。
これまでの記事で度々紹介してきましたが、まだまだ書けていない部分があるので述べていきます。

 

教材はどれくらい使用するべきか

教材については、これまで教材の種類おすすめの教材揃えるべき教材の記事で紹介しましたが、

結論から述べますと、教材は、市販の1つのシリーズだけで足ります。
1つのシリーズを徹底的にこなすことが大事です。

 

よく、公務員試験用の教材も併用して進めるのがいいという方がおられますが、僕は、公務員試験の教材は使う必要はないと思いますね。
行政書士試験と公務員試験両方を受験した立場からそう感じます。
確かに、行政書士の勉強で公務員試験用の教材を使うのは力はつきますが、公務員の過去問は量がかなりあるし、若干傾向が違います。例えば、行政法では、行政書士では行手法や行審法、行訴法の細かい条文が出題されますが、公務員の場合はそんな条文よりは多くの判例が出題されるという印象です。

 

そのため、わざわざ公務員試験の過去問にまで手を広げる必要はなく、かえって全てに手がまわらずに、基本的な問題を落としてしまう可能性があります。
まあ、うまく公務員試験の過去問を活用できるのなら、力をつけるために有効ですが、やっぱり無駄が多すぎます。

 

ということで、行政書士用の市販の教材だけを使えばいいというわけですが、やはり、本ブログ
で一番推している、『合格革命シリーズ』ですね。

 

ただ、ここで一言付け加えておきたいのは、補助教材としては他の教材も導入してよいということです。これは、合格革命シリーズだけで合格は可能ですが、余裕を持ちたい場合には他の教材を使う余地もあるという意味です。

 

他の教材としては、法令科目でいうと判例集ですね。お薦めはこちらです。

 

 

そして、一般知識科目では、政治・経済・社会と時事、文章理解の対策で、公務員試験用の教材を使うのです。ここで誤解をされないために、公務員試験の教材を使う必要がないのは法令科目に限ります。一般知識についてはどんどん活用すべきです。お薦めはこちら。

公務員試験 速攻の時事 平成29年度試験完全対応公務員試験 速攻の時事 実戦トレーニング編 平成29年度試験完全対応公務員試験 文章理解 すぐ解ける〈直感ルール〉ブック公務員試験 過去問 新クイックマスター 文章理解 第6版

 

学習計画について

基本的なことは全て、以前の記事で述べました。
ここでは、いくつか付け足しておきたいと思います。

 

まず、学習計画は勉強期間に長さによって変わるというのは当然ですが、だいたいの流れはどのような場合でも同じです。そこで注意すべき点も同じです。
具体的には、法令科目:一般知識科目は9:1で進め、最初の方は、法令科目に集中する。
そして、できるだけ早めに過去問を潰していくという流れになるんですが、
よく、最初の1ヶ月は憲法のみ、次の月から行政法と民法、その次の月に商法だけ……といった計画を進める方がおられますが、これはちょっとまずいと思うのです。

 

エビングハウスの忘却曲線からも、前の勉強から期間を空けること自体がよくないですね。
そのため、計画の立て方としては、最初の方は、憲法・行政法・民法を同時にざっと一通り勉強していくほうがいいと思います。そして、周回を重ねるごとに細かい事項を暗記していくという手法が望ましいです。その方が、後から計画の修正もできますしね。

以上が、Yahoo知恵袋の質問に対するフィードバックでした。
今後も、このような形で色々と紹介していきたいと思います。

今回の記事はなんか抽象的な総論を述べた感じがしますが、他にも詳しく記事でまとめていますので、
興味があれば是非トップページを覗いてください m(_ _)m

また、記事の質の向上、今後の運営のため、アンケートにご協力ください。

主に独学の方で、不安に思うことを教えてください。

View Results

Loading ... Loading ...

それでは、今日はこのへんで!



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望、記事にして欲しいことなどがありましたら、是非コメントしてください。

意見や要望、何でもコメントしてください