独学で行政書士 マイナンバーについて

こんにちは。

今日は、未だに試験で出題されていないマイナンバーのことをまとめましたので参考に。

マイナンバー制度

マイナンバー制度とは、個人番号を利用することで、行政機関相互間で安全かつ効率的に情報連携を
行うための仕組みを整備する制度です。
この制度は、国民一人一人に1つの番号を割り振って、効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する
個人情報が同一人物の情報であることを確認するためのものです。それから、個人番号は行政機関
のみならず、民間企業も管理することになりますね。平成27年9月30日には、
行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)が施行
されました。

 

通知カードと個人番号カード

まず、市区町村から、国民に対し、住民票に記載されている住所に宛てて、12桁のマイナンバー
が記載された通知カードが送られます。これには、氏名・住所・生年月日・性別(基本4情報)と
マイナンバーが記載されているわけですが、顔写真がないので、本人確認には使用できません。

個人番号を指定する機関は、市区町村長です。そして、個人番号の指定を受けるのは、日本の
市区町村に住民票がある住民全員で、これには日本国民と外国人の両方が含まれます。法人に
対しては、個人番号(マイナンバー)ではなく法人番号(法人版マイナンバー)が指定されます。

 

そして、平成28年1月以降からは、市区町村に申請すれば、基本4情報とマイナンバー、顔写真が
載っている個人番号カードの交付を受けることができます。これは、本人確認として利用できるのみ
ならず、カードのICチップに搭載された電子証明書を用いて、各種の電子申請をすることができます。

ICチップって便利ですよね。電車の定期なんかは今はICOCAやPiTaPa、Suicaの時代ですからね。
磁気の定期券はあまり見なくなりました。

 

マイナンバーの利用場面

マイナンバーは行政手続と、民間事業者が関係する場合の2つで利用されます。

行政手続では、生命保険への加入・継続、生活保護の申請などの社会保障の分野や、
所得税等の確定申告をする場合のような税の分野、被災者台帳の作成事務という災害対策の分野
でも活用されます。

そして、民間事業者は、従業員の各種保険加入手続を行ったり、従業員の給料から源泉徴収を行って
税金を納めたりする際に、マイナンバーが必要になります。そこで、従業員は勤務先にマイナンバー
を提示することになるんですね。

 

住民基本台帳ネットワークシステム

住民基本台帳ネットワークシステムとは、市区町村や都道府県、国の各省庁を専用のネットワークに
繋ぎ、住民の基本4情報、住民コード、個人番号を参照し合うシステムです。
マイナンバー法の施行に伴い、住基ネットに個人番号が登録されるようになったわけですね。

 

以上が、マイナンバーについてでした。今後出題される可能性が高いので注意ですね。

マイナンバーは12桁ということで、なかなか特定されない番号だとは思いますが、漏洩してしまうと悪用されやすいものでもありますよね。企業でも管理されるので、ちゃんとセキュリティを徹底してほしいところですが、もし紛失しても番号の変更ができるようです。

個人番号は12桁ですが、関連して、暗証番号ってだいたい4桁ですよね。銀行口座の暗証番号や色んなウェブサービスのマイページへのログインも暗証番号がありますが、4桁というと10の4乗なので、10000通りあるわけです。でも、銀行口座の数や車のナンバーの数ってあきらかに1万は超えているはずなので、もちろん番号かぶりもあるんでしょうねえ。
まあでも、マイナンバーの桁数を考えると普通の4桁の暗証番号ってすぐ特定されそうな気になりますよねw
しかも、1つのパターンを色んな場面で使い回ししてしまいがちので、一回ばれたら芋づる式に漏洩していくので注意しないといけませんね(汗)。

 

今日は個人番号についてでした。それでは!



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望等あれば、コメントの方、受け付けています。記事にして欲しいことなどがあれば是非コメントどうぞ。

Follow me!

意見や要望、何でもコメントしてください