時間の管理 ~集中力の持続時間から考える~

みなさん、こんにちは。

今日は、集中力についてです。
普段勉強しているけど、全然集中力が続かないという方もいると思います。集中力が続かない
原因はいろいろあると思いますが、そもそも人間の集中力には時間的な限界があるようなので、
それを理解してうまく時間の使い方ができると、効率よく勉強できそうですよね。

そこで今日は、集中力について考えていきたいと思います。

 

集中力の持続時間

一般的には、人間の集中力の持続時間は年齢などにもよると思いますが、
45分くらいと言われています。1時間ないくらいなんですね。子供だと30分くらいのようです。
もちろん、これより短い人も長い人もいるので、一度、自分の集中力はどれくらい持つのか把握しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

この45分というのはあながち間違っていないと思います。
例えば、学校の授業。僕の場合、小学校は1コマ45分、中学校は1コマ50分、高校は65分でした。
僕が通ってた高校は奈良の公立高校なのですが、65分はちょっと長く感じましたね。
ただ、小・中学校は標準的な授業時間で、45~50分でした。
これはやはり、集中力の持続時間を考慮してのものだと思います。

サイクル制を導入してみる

集中力の持続時間はわかりました。ではそれをどう学習に生かしていくかです。
やっぱり、一回勉強を始めると時間配分などは考えずに勉強を進めてしまうかもしれませんが、
ここでちょっと工夫するだけで効率を上げることができそうです。

 

そこで、僕がおすすめしたい方法が、サイクル制をとるということです。

サイクル制というのはつまり、1コマ45分とか1時間でもいいので、勉強する時間を決めて、その時間は集中し、その後数分の休憩を挟んで、また一定時間勉強するということを繰り返すのです。
例えば、50分集中の後に10分休憩をし、1時間を1つのサイクルとして繰り返すイメージです。

実はこれ、学校の授業と同じなんですよね。集中力が切れる頃に授業が終わって、束の間の休憩が与えられ、また授業が開始するというループになっています。普段の学習でも、学校の授業を受けている感じで進めていくのもいいかもしれませんね。

 

科目別の時間配分も考えて

関連して、1サイクルごとに勉強科目を変えることも重要ですね。
やはり、ひとつの科目を1日のうち何時間もするというよりは、複数の科目を1日でした方がいいと思います。

極端に言うと、例えば、月曜日は憲法だけ、火曜日は行政法だけ、水曜日は民法だけ、木曜日は商法と基礎法学だけ、金曜日は一般知識のみ……という方法はあまり良くないです。

この場合、各科目ごとの間隔は何日も空くことになり、その数日間で知識が抜けてしまうからです。だから、できるだけ1日の科目は多めにとって、前回の学習から日にちをそれほど空けない方が望ましいですね。

サイクル制をとると、色んな面で効率よくなると思います。
1日に1科目だけというのは極端な例ですが、少ない科目をするよりは、科目数を多めにする方が絶対にいいと思います。1日に確保できる時間が少ない場合は、1サイクルの時間を30分とかに減らせばいいわけです。

 

とまあ、この方法は僕が実践していた方法で、是非紹介したいため書きました。
結局は自分にあったスタイルで進めていくのがいいと思いますが、勉強の仕方に困ったときは参考にしてみてください。

それでは、今日はこのへんで。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望、記事にして欲しいことなどがありましたら、是非コメントしてください。

意見や要望、何でもコメントしてください。名前とコメント内容のみ公開されます。