独学で行政書士 飛行ドローンを撃破せよ

今日2回目の更新ですが、今日の記事で橿原神宮に行ったときの写真をお見せしました。
そこで、最初の写真には、「ドローン持込禁止」の看板が置かれていたのですが、
せっかくなので、これに関連して、行政書士試験の一般知識科目に出題されそうな話を
したいと思います。

ドローンへの規制

さかのぼること2015年、首相官邸の屋上にドローンが落下する事件がありましたね。
また、ドローン少年事件など、多くのドローンに関する事件が起こり、ドローンへの規制が
強化されたわけです。

まず、2015年9月に改正航空法が成立しました。
ドローンなどの無人航空機の空域・飛行方法などが定められています。

改正法では、国の許可なく、ドローン等を空港周辺や人・家屋密集地域の上空を飛行させる
ことを禁止しています。
また、いかなる場所でも、飛行させるときは原則として、
①日中に飛行させる、②周囲の状況を目視により常時監視する、
③人や物件との間に一定の距離を保つことなどが定められました。
違反した場合には、50万円以下の罰金という刑罰が科されることも重要です。

 

そして、2016年3月、小型無人機等飛行禁止法が成立しました。
この法律は、国の重要な施設などに対する上空からの危険を未然に防ぐための法律で、
対象施設周辺地域の上空ではドローンなどの飛行を禁止しています。
この法律も、懲役や罰金などの刑罰、小型無人機の損壊などの即時強制ができることを
規定しています。

 

行政書士試験では何が出題されるかわかりません。
最近話題になっている、ドローンや安全保障の問題とかも出題されそうですね。

これらは速攻の時事に載っています。
対策を万全にしたい方は是非、一読してみてください。

ドローンは最近話題になっていますよね。
僕も、ラジコン感覚で操作して、色んな風景や景色を撮影したいなと思います。

あと、ドローンのレースもあるらしいですね。以前テレビで見たことがありますが、ドローンに
カメラをつけてその画面を見ながら操作し、競争するというものらしいです。
全国大会みたいなものもあるようで、面白そうですねw

 

それでは、今日は、このへんで。

ありがとうございました。



↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

資格受験ランキング
↓また、意見や要望等あれば、コメントの方、受け付けています。記事にして欲しいことなどがあれば是非コメントどうぞ。

Follow me!

意見や要望、何でもコメントしてください